金具|メタルハウス

ブログ

2021年4月12日

ブランド用金具や金属小物、革小物、キーホルダー、アクセサリーはオーダーメイドの手作りです。

ブログ

メタルハウスと職人による作成風景

 

熟練の職人が、お客様オリジナルブランドのロゴやモチーフを彫り込む彫刻機。

 

まるで体の一部のように、彫刻機を巧みに操ります。

 

メタルハウスの熟練の職人と彫刻機による、オリジナル金具の製作

 

シリアルナンバー、ナンバリング、識別タグ、QRコード、オリジナルのブランドネームプレート、チャーム、ペンダントトップ、ゴルフ会員様ネームタグ 、部屋番号付きホテルルームキー、結婚式のゲスト様のネームなどなど、一つ一つ異なったオリジナルの金具を彫刻したり、刻印し、作り上げることができます。

 

国内、海外を問わずオリジナルのボタン、カシメ、ホックを作成したい、ジッパーやチャーム、ネームプレート、バックル、キーホルダー、靴べらなどに、オリジナルのロゴやモチーフを入れた金具を作成したいなど、オリジナル、特注金具作成に関してのご相談多くを頂きます。

 

国内、海外を問わずオリジナルのボタン、カシメ、ホックを作成したい、ジッパーやチャーム、ネームプレート、バックル、キーホルダー、靴べらなどに、オリジナルのロゴやモチーフを入れた金具を作成したいなど、オリジナル、特注金具作成に関してのご相談多くを頂きます。

 

 

オーダーメイドのロゴ入りオリジナルキーホルダーのサンプル作り。

 

国産自動車メーカー様向けオリジナルのキーホルダー金具のオーダー。

 

まずは、左がオリジナル、右が当社でサンプル作りをした、商品です。上部の部分からカギをいれ、外側のリングのパーツをクルクルと回す事で、取り付け、外しが可能になります。

 

メタルハウスでは、お客様オリジナルブランド用に、アクセサリーパーツ、メタルパーツを始め、ロゴ入りのボタンやホック、カシメが、チャーム、メタルタグ 、ネームプレート、スタッズ、ボタンなどオリジナルの金具を特注で作れます。お気軽にご相談してください。

 

まずは外側と、内側のパーツを手作業で切り抜いたり、貼り付けたりし、パーツを取り揃えていきます。

 

レクサス等の革製品のお取り扱いのある、お客様より、オリジナルのキーホルダー金具のオーダーを頂いたので、少しですがお見せいたします。    まずは、左がオリジナル、右が当社でサンプル作りをした、商品です。    上部の部分からカギをいれ、外側のリングのパーツをクルクルと回す事で、取り付け、外しが可能になります。  

 

まだまだ、商品の形が見えてきませんねー。

 

だんだんと、キーホルダーの形が見えてきているのが分かりますか?    糸ノコギリというまさに、”糸”のようなノコギリで、形を作り出していきます。

 

だんだんと、キーホルダーの形が見えてきているのが分かりますか?糸ノコギリというまさに、”糸”のようなノコギリで、形を作り出していきます。

 

プレート本体の正面をていねいに磨きあげて、その後にピラミッドをひとつずつ溶接していきます。磨き上げられなかった、ピラミッドとプレート本体との接合部分まで、光沢を作り出し、重厚感のある、レベルの高い金具を作成することができます。

 

だんだんと内側のパーツの形が見えてきましたね。

 

商品の外側をスムーズになる様に、手作業で紙ヤスリを使い整えていきます。

 

だんだんと内側のパーツの形が見えてきましたね。    商品の外側をスムーズになる様に、手作業で紙ヤスリを使い整えていきます。  

 

外側と、内側のパーツを合わせ、調子を見ていきます。

 

お客様の大切なブランドの金具にロゴ入れたり、希望のサイズや色、素材を選び自由に作ることができます。使い方や使用用途、予算や納期に応じて柔軟に対応できることが職人のモノ作りの持つ強みでもあります。     

メタルハウスでは、金具の技術と、信頼関係のある縫製の技術を、声の届く距離に位置づけて組み合わせる事で、オリジナルのロゴやモチーフを刻印した、特注の靴べらや、キーホルダー、金属小物、オリジナル金具を付属したアクセサリー、革小物やベルトなど、“お客様のイメージしているアイデアやデザインをオーダーメイドの完成品まで自由に製作することができる”ようになりました。

 

メタルハウスのサンプルの方は、周りにギザギザ模様があり、キーホルダーとして、外側を回し易いようにしてあります。

 

 

真鍮製オリジナル・特注のネームホック、カシメ、スタッズ、アクセサリーの製作。

 

国内、海外、業種をを問わずオリジナルのボタン、カシメ、ホックを作成したい、ジッパーやチャーム、ネームプレート、看板、缶バッジなどのアクセサリーやバックル、キーホルダー、靴べらなどの金属製小物にオリジナルのロゴやモチーフを入れた金具を作成したいなど、オリジナル、特注金具作成に関してのご相談多くを頂きます。

 

ブランドイメージのアップには欠かせないオリジナル金具。メタルハウスでは、初めてオリジナル金具を作る方には、デザイン入稿、金型や原型製作、サンプル作成、そして、使用用途に合わせた製作方法のサポートなど、お客さまに安心してオリジナル金具を作って頂けるサポートも製作に合わせて行います。

 

真鍮製オリジナル・特注のネームホック、カシメ、スタッズ、アクセサリーの製作。ブランドイメージのアップには欠かせないオリジナル金具。メタルハウスでは、初めてオリジナル金具を作る方には、デザイン入稿、金型や原型製作、サンプル作成、そして、使用用途に合わせた製作方法のサポートなど、お客さまに安心してオリジナル金具を作って頂けるサポートも製作に合わせて行います。

 

経年変化=アジを楽しむことの出来る真ちゅう素材。ナチュラル志向のブランドやお客様に大変好まれています。

 

真鍮は加工もしやすく、そのままの状態でも、メッキ加工をしても上質な素材です。

 

経年変化=アジを楽しむことの出来る真ちゅう素材。ナチュラル志向のブランドやお客様に大変好まれています。        🔨 真鍮は加工もしやすく、そのままの状態でも、メッキ加工をしても上質な素材です。        🔨 オリジナルのブランドロゴを入れたカシメやホック、スタッズ、チャームなどの製作はできないとあきらめていたという声をたくさん聞くことがあります。 

 

 

メタルハウスでは、さまざまなデザインや、金具に特化した熟練の職人たちを抱えています。特に現品になる前の段階の”サンプル”を作成する技術は、長年の職人にしかできない特別な技術です。

 

お客様ご希望のデザインやアイデアをいち早く形に、お客様の情熱や、思いを形にする為に職人たちは日々作業台に向かい、道具たち、デザインたちと向かい合っています。

 

デザイナー、ブランド、学校法人、家具、建築、イベント、ライブ、ゴルフクラブ、記念品、ギフト、神社やお寺さまからの様々なオリジナル金具のイメージを形にしています。

 

オリジナル・特注金具 サンプル作成風景

 

オーダーメイド・オリジナル、特注金具のサンプル作り How to make Original Fittings   メタルハウスでは、さまざまなデザインや、金具に特化した熟練の職人たちを抱えています。特に現品になる前の段階の”サンプル”を作成する技術は、長年の職人にしかできない特別な技術です。  お客様ご希望のデザインやアイデアをいち早く形に、お客様の情熱や、思いを形にする為に職人たちは日々作業台に向かい、道具たち、デザインたちと向かい合っています。   オリジナル・特注金具 サンプル作成風景

 

糸のこぎりで、お客様から頂いた図面を元に手作業で切り抜いていきます。

 

まずは外側と、内側のパーツを手作業で切り抜いたり、貼り付けたりし、パーツを取り揃えていきます。

 

お客様から届いた図面がお分かりですか? 

 

この作業の後にも、溶接、曲げ、絞り等の職人技がありますが、今回は省略!

 

糸のこぎりで、お客様から頂いた図面を元に手作業で切り抜いていきます。

 

 

熟練の職人から生み出される、オーダーメイドの金具や金属小物、アクセサリー。

 

メタルハウスには、モノ作りを共に支える多くの職人達がいます。

 

金属を切る職人、打ち抜く職人、曲げる職人、穴を開ける職人、原型を作る職人、鋳物の技術を持つ職人、メッキ職人、縫製職人、革なめし職人、 、、

 

通常は、共通のデザインでも複数の用途に使用するオリジナル金具は、それぞれの用途に合わせて複数金型を作成する必要がありますが、メタルハウスでは、裏 面に様々な用途のパーツを溶接することで、1つの金型にて、複数の用途に使用可能なオリジナル金具を作成することが可能になりました。

 

そのなかから、鋳物にてオリジナル金具を製作する職人を紹介していきます。

 

下町の工場に鋳造の名人がいます。

 

鋳物とは、溶かした金属を型に流し込んで作る金属の立体物のこと。アクセサリーやベルトなどに使う金属の部品から、動植物・人形・乗り物・建物・アルファベットなど、いろんなモノをかたどった金具を作り出す事ができます。

 

メタルハウスでは、お客様のデザインやブランド、商品にオリジナリティーや、独自性を持っていただくために、お客様オリジナルのロゴや、モチーフなどを金具に刻印したり、彫刻したり、また成型の型に直接掘り込んだり、さまざまな技術や経験を生かし、お客様オンリーワンの、オリジナル金具のモノ作りをしています。

 

溶けた金属が冷めて固まると、多種多様な形が型から生まれてきます。

 

この技を支える名人は、鋳物の型の源となる原型=立体造形=も、鋳物の修復も、細やかな技術で何でもこなすことができます。

 

鋳物とは、溶かした金属を型に流し込んで作る金属の立体物のこと。アクセサリーやベルトなどに使う金属の部品から、動植物・人形・乗り物・建物・アルファベットなど、いろんなモノをかたどった金具を作り出す事ができます。

 

例えば、こんなに小さくても、お客さんが紙に描いてきたリスの絵も、巧みな指さばきで立体造形に仕上げてしまいます。

 

このミリ単位の細工を施してくれる職人、技がいることで、今の物作りは支えられています。

 

溶けた金属が冷めて固まると、多種多様な形が型から生まれてきます。    この技を支える名人は、鋳物の型の源となる原型=立体造形=も、鋳物の修復も、細やかな技術で何でもこなすことができます。

 

これらの立体造形は、リューターと呼ぶハンドドリルのような道具で亜鉛などの金属の塊を削りながら作られていきます。

 

ただ、平面を立体のモノに仕上げてみるとイメージが違ってみえることも。そのために、試作品を作って、お客さまに納得してもらうまで改良が続きます。

 

例えば、こんなに小さくても、お客さんが紙に描いてきたリスの絵も、巧みな指さばきで立体造形に仕上げてしまいます。      このミリ単位の細工を施してくれる職人、技がいることで、今の物作りは支えられています。

 

リューターの先には丸い刃、四角い刃、尖った刃、太い線の刃、細い線の刃、、、。

 

狙った形に合わせて刃をとっかえひっかえ使い分けて、細工を施していきます。リューターを操る指先から次々と形が生まれていきます。

 

注文によっては、熱に強いフッ化炭素樹脂でできたテフロンを削り出して、型を細工することも。今手に持っているのは、金属のライターケースの注文に応じて作った型。

 

こういったものも、挽き物屋さんに頼むことなく、微妙なアール(角度)などを調整しながらリューターを使って手作りします。

 

これらの立体造形は、リューターと呼ぶハンドドリルのような道具で亜鉛などの金属の塊を削りながら作られていきます。      ただ、平面を立体のモノに仕上げてみるとイメージが違ってみえることも。そのために、試作品を作って、お客さまに納得してもらうまで改良が続きます。

 

ここからは、鋳物を仕上げる工程。

 

職人が作った原型=立体造形=を型取りして作った、ラバーキャストという円盤状のゴム型が機械にセットされていきます。このラバーキャストを回転させて、遠心力を加えることで、細かな形状の鋳造が可能になります。

 

職人のまわりには、職人技を可能にするいろんな道具や機械が揃っています。

 

リューターの先には丸い刃、四角い刃、尖った刃、太い線の刃、細い線の刃、、、。      狙った形に合わせて刃をとっかえひっかえ使い分けて、細工を施していきます。リューターを操る指先から次々と形が生まれていきます。

 

鋳造の機械にラバーキャストをセットしたら、溶かした亜鉛などの金属を流し込みます。亜鉛が解け始める時の温度は200℃。機械に流し込む時の温度は300℃。

 

危険が伴う作業が慎重に進められていきます。

 

ここからは、鋳物を仕上げる工程。      職人が作った原型=立体造形=を型取りして作った、ラバーキャストという円盤状のゴム型が機械にセットされていきます。      このラバーキャストを回転させて、遠心力を加えることで、細かな形状の鋳造が可能になります。      職人のまわりには、職人技を可能にするいろんな道具や機械が揃っています。

 

この時は、ちょうど2ミリ程の「S」をかたどった部品を鋳造しながら、同時に小さなリングをインサート(取り付け)する作業が終わったばかりです。

 

目を凝らさなければ見えないくらい細かな作業がこの大きな機械で作られています。

 

ただ、こんなにわざと手間暇がかかった作業ですが、「小さな部品」ということで、値段は押さえられてしまうことが多い、職人泣かせの商品です。笑

 

鋳造の機械にラバーキャストをセットしたら、溶かした亜鉛などの金属を流し込みます。亜鉛が解け始める時の温度は200℃。機械に流し込む時の温度は300℃。      危険が伴う作業が慎重に進められていきます。 

 

再び職人の作業机。

 

ベルトのバックルのくぼみを消す作業をしています。ファーストサンプル作成後の確認に際に、「デザイン上くぼみがいらない」などの変更に対応できるのも職人の技ですよね。

 

ハンダを乗せて、リューターで削って磨き込めばくぼみは無かったことにできるんです。手間暇をかけて作った原型を一から作り直すのは、時間も掛かるし、サンプルのニュアンスも変わってしまうので、この修正が大切になります。

職人技ですね。

 

この時は、ちょうど2ミリ程の「S」をかたどった部品を鋳造しながら、同時に小さなリングをインサート(取り付け)する作業が終わったばかりです。      目を凝らさなければ見えないくらい細かな作業がこの大きな機械で作られています。      ただ、こんなにわざと手間暇がかかった作業ですが、「小さな部品」ということで、値段は押さえられてしまうことが多い、職人泣かせの商品です。笑

再び職人の作業机。    ベルトのバックルのくぼみを消す作業をしています。      ファーストサンプル作成後の確認に際に、「デザイン上くぼみがいらない」などの変更に対応できるのも職人の技ですよね。      ハンダを乗せて、リューターで削って磨き込めばくぼみは無かったことにできるんです。手間暇をかけて作った原型を一から作り直すのは、時間も掛かるし、サンプルのニュアンスも変わってしまうので、この修正が大切になります。      職人技ですね。

その他のキーホルダーは:こちらまで 
その他の靴べらキーホルダーは:こちらまで

 

🔨 ショールームには、オーダーメイドの金具、キーホルダー、革小物、金属小物を、サンプルとして展示しています。イタリアンナチュラルレザー”ブッテーロ”や”ミネルバボックス”で飾り付けした、オーダーメイドのキーホルダー。オリジナルデザインのバックルを付属した本革製のベルト。ドッグダグを使用したチャーム、ヌメ革と合わせたオリジナルのリードや首輪。

 

🔨 私達は、オリジナルの金具を製作する職人達と同様に、熟練の縫製職人、縫製工場との強い結びつきがあります。そこで、今までは分業が当たり前だった、金具の技術と縫製の技術を声の届く距離に位置づけ、組み合わせる事で、”オリジナル金具の製作”から、”オリジナルの革小物”、”金属小物”などの”完成品の製作”のお手伝が可能です。

 

🔨 オリジナル金具製作やその他付属金具の手配、また縫製メーカーさまとの打ち合わせ、革屋さん、その他部材の仕入れに発生する手間や時間をメタルハウスに一任して革小物や金属小物の商品を製作することが可能です。

 

★ オーダーメイドでブランド特注金具やアクセサリー、金属小物を作りたい方は、HP内のお問い合わせよりメール📩にてご連絡下さい。 ブログでは沢山の製作事例もご覧になれます。★

製作事例は: こちら

 

★ お見積もりの場合には手書きのデザインでも、写真でも構いません。お客様が作成したいイメージに簡単なサイズを入れてお見せください。★

お問い合わせは:こちら
Instagramは: こちら

 

 

*メタルハウスから、モノ作りトータルコーディネートのお知らせです。

 

メタルハウスでは、”オリジナル金具の製作”に合わせて、チェーンやフック、付属金具を含めた”金属小物の組み立て”や皮革製品の”縫製作業”、オーダーメイドの”完成品の製作”、”特注の記念品や贈呈品、プレゼント”まで、モノ作りのトータルコーディネートにて、お客さまの“アイデアやイメージを形にするお手伝いを始めました。”

 

金具の技術と、信頼関係のある縫製の技術を、声の届く距離に位置づけて組み合わせる事で、オリジナルのロゴやモチーフを刻印した、特注の靴べらや、キーホルダー、金属小物、オリジナル金具を付属したアクセサリー、革小物やベルトなど、“お客様のイメージしているアイデアやデザインをオーダーメイドの完成品まで自由に製作することができる”ようになりました。

 

ファッションブランド、アパレル、アクセサリー、オーダーメイド金具の製作はもちろん、神社仏閣、お寺や神社、イベント、コンサート、ライブ、結婚式、ゴルフクラブ、販促品、ノベルティ 、記念品用などに、オリジナルのお土産用チャームやキーホルダー、アクセリーパーツもオーダーメイドで作ります。メタルハウスにて製作した、お客様ブランドオリジナルの金具やアクセサリーに、革の取り付けをして、製品としての製作のお手伝いも可能です。

 

詳しくは:こちらまで

 

”オリジナル金具の製作から”〜”オリジナルの縫製作業、付属金具を含めた完成品の製作”までご興味のある場合には、合わせてお話しください。モノ作りを熟知した、メタルハウスの担当者が追って詳しい内容をお聞きいたします。

 

お気軽にご連絡、ご相談下さい。

 


 

🇬🇧
🔨 We, metalhouse can create original metals or accessories for customer’s original brand. Choosing materials, colors or engraving logos are available.

 

🔨 We’ve been taking care of making customers original fittings for more than 80years.

 

★ Are you interested in creating your original accessory or metal fittings with your original brand logos?

You can send us your inquiry from Email 📩 on our Instagram Profile page. Lots of more examples we have made on our HP also★

Send us your inquiry : HERE

 

★ You can take a look at more productions, procedures and examples on our blogs (in Japanese but can follow up)

Our Productions: HERE
Instagram: HERE

 

お気軽にご連絡、ご相談下さい。
Feel free to visit us.

#メタルハウス #職人技 #ネームプレート #ブランド #アクセサリー #メタル #アーティスト #チャーム #ファッション #洋服 #真鍮 #靴べら #革小物 #真鍮 #ボタン #キーホルダー #名入れギフト #金具 #フリンジ #ホテルルームキー #metalhouse #craftsmanship #brand #brass #charm #fashion #clothing #keychains #buckle #shoehorn #accessories #mh #newmo

 

メタルハウス / お客さまのイメージを金具に

– 電話 –
03-3616-6678
(受付時間:月~金 AM9:00~PM5:00 ※土日祝日は休業)


– お問い合わせ –
info@metalhouse.co.jp
お問い合わせページ


– More information –
Official website
ameblo
Facebook
Tumblr

新着

カテゴリー一覧

検索