金具|メタルハウス

ブログ

CATEGORY » コンサート、イベント、記念、結婚式、ギフト

2020年3月16日

神社仏閣、お寺や神社用、オリジナルのお土産用チャームやキーホルダー、アクセリーパーツの製作

ブログ

神社仏閣、お寺や神社、お土産用チャームやキーホルダー、アクセリーパーツの製作
Original Metal Accessory and Charm Fittings

 

メタルハウスでは、ファッションブランド、アパレル、アクセサリーへのオーダーメイド金具の製作はもちろん、神社仏閣、お寺や神社、イベント、コンサート、ライブ、結婚式、ゴルフクラブ用などに、オリジナルのお土産用チャームやキーホルダー、アクセリーパーツをオーダーメイドで作ります。

 

職種、業種を問わず、イメージをオリジナルの金具、金属に作り上げることができます。

 

メタルハウスでは、ファッションブランド、アパレル、アクセサリーへのオーダーメイド金具の製作はもちろん、神社仏閣、お寺や神社オリジナルのお土産用チャームやキーホルダー、アクセリーパーツもオーダーメイドで作ります。

 

鋳物、プレス、ロストワックス、ラバーキャストなどの製法がアクセサリー金具製作の基本になります。

 

↓に見れるようなシャープで、線やロゴをはっきりと際立てたい様なデザインの場合には、プレスの製法。

 

メタルハウスでは、ファッションブランド、アパレル、アクセサリーへのオーダーメイド金具の製作はもちろん、神社仏閣、お寺や神社オリジナルのお土産用チャームやキーホルダー、アクセリーパーツもオーダーメイドで作ります。

 

機械的なデザインではなく、柔らかなデザインというか、立体的な手作り風のデザインや、あじのあるデザインは、このラバーキャストや、ロストワックスといった製法が一番雰囲気を出せる技法のひとつです。

 

鋳物、プレス、ロストワックス、ラバーキャストなどの製法がアクセサリー金具製作の基本になります。    ↓に見れるようなシャープで、線やロゴをはっきりと際立てたい様なデザインの場合には、プレスの製法。

 

メッキを着ける前の生地の状態です。蝶々の模様でも、立体的で、柔らかさのあるデザインには、この製法が一番です。

 

機械的なデザインではなく、柔らかなデザインというか、立体的な手作り風のデザインや、あじのあるデザインは、このラバーキャストや、ロストワックスといった製法が一番雰囲気を出せる技法のひとつです。

 

シルバー色と多くのお客様がおっしゃりますが、本来は”ニッケル”メッキと言います。

 

海外での生産ではコストを抑える為に、ダイキャストというもう一つの鋳物の製法をよく使用します。このダイキャストの製法では、手作り感というよりも、1mm単位の精度を必要とする、精密機械のパーツなどによく使われ、今回のこのアクセサリーのような、手作りの雰囲気を表現する為には、やはり、ラバーキャストや、ロストワックスといった製法が一番ですね。

 

シルバー色と多くのお客様がおっしゃりますが、本来は”ニッケル”メッキと言います。    海外での生産ではコストを抑える為に、ダイキャストというもう一つの鋳物の製法をよく使用します。このダイキャストの製法では、手作り感というよりも、1mm単位の精度を必要とする、精密機械のパーツなどによく使われ、今回のこのアクセサリーのような、手作りの雰囲気を表現する為には、やはり、ラバーキャストや、ロストワックスといった製法が一番ですね。

 

下は、ハートの模様で、両端に革を通して、指輪にするようです。ハートの両サイドの部分に革を通して、革製の指輪になる予定です。

 

下は、ハートの模様で、両端に革を通して、指輪にするようです。    ハートの両サイドの部分に革を通して、革製の指輪になる予定です。

 

本金メッキ使用の場合は↓ ↓

 

下は、ハートの模様で、両端に革を通して、指輪にするようです。    ハートの両サイドの部分に革を通して、革製の指輪になる予定です。

 

コインくらいの大きさのメタルハウスオリジナルの極小ブローチです。本金メッキを加工いたしました。

 

コインくらいの大きさのメタルハウスオリジナルの極小ブローチです。    本金メッキを加工いたしました。

 

メタルハウスオリジナルのチャームは、立体感をうまく、自然に表現するために、やはりこのデザインにも、ラバーキャスティング(鋳物)の製法を使いました。

 

メタルハウスオリジナルのチャームは、立体感をうまく、自然に表現するために、やはりこのデザインにも、ラバーキャスティング(鋳物)の製法を使いました。

 

亜鉛でのキャスティングですので、真ちゅう鋳物よりも、表面につやが出たり、繊細さが表現できます。

 

♪音符形のチャーム。金具一つの原型を作り出し、それを元に製品を作成します。 今回は、形状と、お客様のご要望の風合いを出すために、ラバーキャスティングの製法で作成いたしました。

 

亜鉛でのキャスティングですので、真ちゅう鋳物よりも、表面につやが出たり、繊細さが表現できます。    ♪音符形のチャーム。金具一つの原型を作り出し、それを元に製品を作成します。 今回は、形状と、お客様のご要望の風合いを出すために、ラバーキャスティングの製法で作成いたしました。

 

アンティークゴールド使用の♪♪♪

 

取り付けのフックが最後に取り付けられて完成!

 

アンティークゴールド使用の♪♪♪     取り付けのフックが最後に取り付けられて完成!

 

表面はなだらかなアールが施してあり、裏側は荒らしの加工がされてます。

 

表面はなだらかなアールが施してあり、裏側は荒らしの加工がされてます。

 

アルファベットをモチーフに作成したオリジナルチャーム。

 

 

真ちゅう色仕上げ

 

 

金色仕上げ

 

アクセサリーチャーム:参考ページ

オリジナルホック、ボタン、カシメ、タグ、ネームプレート、、、。世界で一つだけのオンリーワン金具の作成事例、方法、手順、納期、型代、製作後の様々な型の利用方法についてはこちらをご覧下さい。

 

*メタルハウスから、モノ作りトータルコーディネートのお知らせです。

 

メタルハウスでは、”オリジナル金具の製作”に合わせて、チェーンやフック、付属金具を含めた”金属小物の組み立て”や皮革製品の”縫製作業”、オーダーメイドの”完成品の製作”、”特注の記念品や贈呈品、プレゼント”まで、モノ作りのトータルコーディネートにて、お客さまの“アイデアやイメージを形にするお手伝いを始めました。”

 

金具の技術と、信頼関係のある縫製の技術を、声の届く距離に位置づけて組み合わせる事で、オリジナルのロゴやモチーフを刻印した、特注の靴べらや、キーホルダー、金属小物、オリジナル金具を付属したアクセサリー、革小物やベルトなど、“お客様のイメージしているアイデアやデザインをオーダーメイドの完成品まで自由に製作することができる”ようになりました。

 

詳しくは:こちらまで

 

”オリジナル金具の製作から”〜”オリジナルの縫製作業、付属金具を含めた完成品の製作”までご興味のある場合には、合わせてお話しください。モノ作りを熟知した、メタルハウスの担当者が追って詳しい内容をお聞きいたします。

 

お気軽にご連絡、ご相談下さい。

 

★ オーダーメイドでブランド特注金具やアクセサリー、金属小物を作りたい方は、HP内のお問い合わせよりメール📩にてご連絡下さい。 ブログでは沢山の製作事例もご覧になれます。★

製作事例は: こちら

 

★ お見積もりの場合には手書きのデザインでも、写真でも構いません。お客様が作成したいイメージに簡単なサイズを入れてお見せください。★

お問い合わせは:こちら
Instagramは: こちら

 

メタルハウス / お客さまのイメージを金具に

– 電話 –
03-3616-6678
(受付時間:月~金 AM9:00~PM5:00 ※土日祝日は休業)


– お問い合わせ –
info@metalhouse.co.jp
お問い合わせページ


– More information –
Official website
ameblo
Facebook
Tumblr

新着

カテゴリー一覧

検索