金具|メタルハウス

ブログ

2014年12月02日

BUBU光岡さま、特注・オリジナルのキーホルダーのオーダー生産

オリジナル・特注金具

BUBU光岡さま、特注・オリジナルのキーホルダーのオーダー生産
Original Metal Keychain

 

日本最後の国産自動車メーカー、光岡自動車 さま向けに、オリジナルのキーホルダーのリピートオーダーを頂きました。

 

今回から、革の縫製の方まで製作させて頂きました。 一歩でも前へ、ほんの少しでもクオリティーを進歩させるために、納期も2ヶ月間頂き、要約完成品をお納めすることが出来ました。

 

作業風景を少しですがお見せいたします。

 

まずは、完成品をお見せいたしましょう。

丸いリング状のパーツを引き上げると、キーが入る仕組みになっています。

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 

穴を開け、ネジを切り、磨き上げ、メッキを付けた商品をこれから、全て手作業で組み立てていきます。

収縮する、バネの機能を持たせているのが特徴のキーホルダーなので、これから、本体の部分を、バネ、ネジ、ワッシャー、そして、特殊な粘り気があり、強度のある糊を使い、一つ一つ状態が微妙に違う金具のバランスを考えながら、作業を進めていきます。

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 

BUBU MITSUOKAさまのロゴが渋い!

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 

組み立てる前にキズが無いか、穴の位置は正確かを全体的に眺めながら、検品をします。

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 

組み立てを4工程ほどに分業することで、作業性が一段と上がります。

ちなみに奥に見えるのが当社のプレスマシーンです!

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 

最適な長さとバネの収縮性を考え、0.7mmの厚みのワッシャーを土台として利用しています。

この小さなパーツを使うことで、”ゆがみ”や、商品を使用するときの”ぶれ”、”がたつき”を補正することができるんです。

この微妙な感覚こそが、職人の感と、歴史なんだといつも考えながら、作業を続けていきます。

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 

奥までワッシャーを取り付け、次に収縮性、大きさ、強さを、計算し、特注で生産したステンレス製のバネを取り付けていきます。

見えなくなってしまう場所ですが、ステンレス製のバネを使用することで、金属の磨耗、さび、強度、さまざまな面で鉄製のバネよりもすばらしい商品の作り上げることが可能になります。

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 

事前にバネ、ワッシャーを組み合わせておいたネジを本体の裏側から取り付けしていきます。

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 

これで、組み立て終了。

何十ものパーツ、職人、工程を経て、ようやく金具が完成!

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 

これから、革の裁断、縫製、取り付けの作業にうつり、完成品にて光岡自動車さまへ納品させていただきます。

 

 

数種類の違った配色の国産の本革を使用した、BUBU光岡さまの為だけの、オリジナルキーホルダー。

 

 

その他のキーホルダーは:こちらまで

 

メタルハウスではお客様のイメージを形にできるよう心がけています。

世界で一つだけのオリジナル金具は手軽に作成が可能です。

 

*お見積もりの場合には手書きのデザインでも、写真でも構いません。お客様が作成したいイメージに簡単なサイズを入れてお見せください。

オリジナル金具作成を熟知した、メタルハウスの担当者が追って詳しい内容をお聞きいたします。

 

*オリジナル金具作成にご興味の方はお気軽にご連絡ください。

 

メタルハウス / お客さまのイメージを金具に

– 電話 –
03-3616-6678
(受付時間:月~金 AM9:00~PM5:00 ※土日祝日は休業)


– お問い合わせ –
info@metalhouse.co.jp
お問い合わせページ


– More information –
Official website
ameblo
Facebook
Tumblr

新着

カテゴリー一覧

検索