金具|メタルハウス

ブログ

2014年9月25日

オリジナル、特注ハンドメイド手カンのオーダー

オリジナル・特注金具

オリジナル、特注ハンドメイド手カンのオーダー
Original Handholder Fittings

 

テレビコマーシャルでも有名な、東京IGINさまより、オールハンドメイドの持ち手ハンドルの依頼を頂きました。

 

高級感と、重厚感を兼ね備えた、ニッケルサテーナメッキ仕上げの持ち手です。

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 

まずはじめに、サンプル作成に必要なパーツを加工のしやすい、真ちゅうにて取り揃えていきます。

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 

次に、ハンドルの持ち手として、使いやすさ追求した、曲線や、カーブを金具に付ける為の、道具を準備していきます。

金属をゴリゴリと荒削りできる”グラインダー”で曲げマシンをとめる足を作っていきます。

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 

曲げ型を作成した後は、熟練の職人の手作業にて、曲げる角度も何度も調整しながらベストの角度を探していきます、、、。

まずは、サンプル作成のために、たいていは、メタルハウスにて曲げ型や、その他の必要な型は手作りにて用意し、サンプル作成をしていきます。

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 

ハンドルとして、手に触れるパーツなので、動力のエンドレス(ペーパー状のヤスリ)にて、金属に滑らかさ、柔らかさをつけていきます。

さまざまなデザインや、種類の依頼があるため、手作業が主体になっています。

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 

ヤスリや、グラインダーでの荒削りを最終的には再度、職人の手作業にて整えていきながら、商品の生地の良し悪しを確認していきます。

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 

角度、曲線、面取り、さまざまな加工を施したそれぞれのパーツを、またロー付け(溶接)し、ひとつの金具の製品として組み立てていきます。

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 

約800c前後まで真ちゅうを熱し、そこに銀と真ちゅうをつなぎ合わせる、特殊な薬品を使用して溶接していきます。 メタルハウスでは、商品の使い道によって、何種類かのロー付けの方法を変化させていきます。

今回は、指しロー(純銀製の鉛筆の芯のような形の細い棒)を使用して、ピンポイントにて真ちゅう同士を溶接していきます。

こうすることで、メッキ加工を終えた後の品質、質感が格段に良く仕上げることができる様になります。

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 

メッキ加工後のオールニッケルサテーナ仕上げのハンドルです。

溶接部分が分からないくらい、丁寧に、美しく仕上げることができました。

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 

溝の中に革をはめ込んで1本手のハンドルとして使用されます。

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 

挟み込んだ革は裏面のネジでしっかりと固定して使用します。

 

METAL  HOUSE   - about  metal fittings -

 

メタルハウスではお客様のイメージを形にできるよう心がけています。

世界で一つだけのオリジナル金具は手軽に作成が可能です。

 

*お見積もりの場合には手書きのデザインでも、写真でも構いません。お客様が作成したいイメージに簡単なサイズを入れてお見せください。

オリジナル金具作成を熟知した、メタルハウスの担当者が追って詳しい内容をお聞きいたします。

 

*オリジナル金具作成にご興味の方はお気軽にご連絡ください。

 

メタルハウス / お客さまのイメージを金具に

– 電話 –
03-3616-6678
(受付時間:月~金 AM9:00~PM5:00 ※土日祝日は休業)


– お問い合わせ –
info@metalhouse.co.jp
お問い合わせページ


– More information –
Official website
ameblo
Facebook
Tumblr

新着

カテゴリー一覧

検索