金具|メタルハウス

ブログ

2013年8月21日

オーダーメイド・オリジナル金具作成風景

オリジナル・特注金具

オーダーメイド・オリジナル金具作成風景

 

ありがたい事に、全国のお客様から、オリジナルの金具の作成依頼を受ける事が増えて来ました。

メタルハウスの製作現場を少しお見せできればと思います。  

 

イタリアのブランドを日本で展開なされているお客さま用に、サンプルのブローチを作成しています。

 

METAL HOUSE BLOG-サンプル風景

 

今回はアンティーク、ナチュラルな感じのオリジナルネーム、ロゴ入り金具の作成の為、リューターで自然な感じに荒削りしていきます。 

 

METAL HOUSE BLOG-サンプル風景

 

元々真鍮の正円だったものを、荒削りした直後。

段々と雰囲気が出てきています。

 

METAL HOUSE BLOG-サンプル作り

 

上の荒削りした、ネームブローチに彫刻をして、指定のブランドロゴを手彫りしていきます。

 

METAL HOUSE BLOG-サンプル風景

 

メタルハウスのフライス機。

 

サンプルを作ったり、太い材料を切断する際に必ず使用する、メタルハウスの技術を保つための大切な機械です。

もちろん、金属を切断するという事で、気をつけなければとても危険な機械です。

 

METAL HOUSE BLOG-サンプル作り

 

グラインダーという機械。

金属を大まかに削りだすのに、とても必要な機械です。

 

METAL HOUSE BLOG

 

刻印打ちの、プレス機。

何十トンという力があります。

 

METAL HOUSE BLOG-刻印打ち

 

 

世界に一つしかないCIVILILE様、オーダーメイド・オリジナルのバック型特注チャームのオーダー

 

タイトル未設定

 

真鍮の板に、原寸の図面を貼り付けて形を整えていきます。

 

タイトル未設定

 

簡単そうに見えますが、ヤスリを平らにかける技は職人技!

 

タイトル未設定

 

削っては確認、削っては確認の作業を繰り返します。

 

タイトル未設定

 

お客様から頂いた、原寸のデザイン、図面と照らし合わせながら慎重に、丁寧に作り上げていきます。

 

この地道な作業があるからこそ、メタルハウスは80年近く金具を作り続けたのだと感謝の気持ちでいっぱいです。

 

タイトル未設定

 

何度も何度もお客様から頂いたデザイン画と照らし合わせながら、確認作業を取り、作り上げていきます。

 

タイトル未設定

 

手作業でここまで作り上げれる職人は日本国内にもけして多くはいないでしょう。

 

ステッチは非常に難易度の高い職人技です。

 

タイトル未設定

 

裏面にはCIVINILEの文字が彫刻されています。

 

アンティークゴールドというメッキ仕上げ。

格好良い!!

 

タイトル未設定

 

 

 

・オーダーメイドのバックルの製作風景

 

糸ノコギリという、小さな小さな鋼(日本刀に使用する金属)製のノコギリで、サンプルを切り出していきます。

とても技術のいる作業です。

 

METAL HOUSE BLOG

 

図面と照らし合わせながら、一つずつ全て手作業で、作成していきます。

 

METAL HOUSE BLOG-真鍮製 美錠サンプル

 

照らし合わせていただけると、図面よりも、雰囲気が出ていて良い感じです。

 

METAL HOUSE BLOG-真鍮製 美錠サンプル

 

メタルハウスではお客様のイメージを形にできるよう心がけています。

世界で一つだけのオリジナル金具は手軽に作成が可能です。

 

*お見積もりの場合には手書きのデザインでも、写真でも構いません。お客様が作成したいイメージに簡単なサイズを入れてお見せください。

オリジナル金具作成を熟知した、メタルハウスの担当者が追って詳しい内容をお聞きいたします。

 

*オリジナル金具作成にご興味の方はお気軽にご連絡ください。

 

メタルハウス / お客さまのイメージを金具に

– 電話 –
03-3616-6678
(受付時間:月~金 AM9:00~PM5:00 ※土日祝日は休業)


– お問い合わせ –
info@metalhouse.co.jp
お問い合わせページ


– More information –
Official website
ameblo
Facebook
Tumblr

新着

カテゴリー一覧

検索