金具|メタルハウス

ブログ

CATEGORY » ブランド

2017年10月10日

オーダーメイド・オリジナル・特注の手作りヒネリ金具の製作風景

特注・オリジナル金具

オーダーメイド・オリジナル・特注のヒネリ金具の製作風景

Original Metal Turn Lock Fittings

 

バッグや靴、革製品のモノ作りが盛んな、東京の台東区にて爬虫類の革を中心にバッグや、小物を作成されていらっしゃる老舗のメーカーさまから、ハンドバック用の、真鍮製特注ひねり金具のご依頼を頂きました。

 

全てのパーツを手作業にて取り揃えていきます。

 

ひねられている真ちゅう製の鎖のように見えるの棒は、2本の真ちゅう製の丸線の材料を2本束ね、それを丁寧に手作業にてねじり上げ、縄目線を作成していきました。

 

ロット数が少なくても作成できる方法で、なおかつ、大量生産では作り出せない、立体感、奥行きのある網目模様を作り出せることができます。

 

オーダーメイド・オリジナル・特注のヒネリ金具の製作 メタルハウス

 

お客様のデザインのサイズに合わせ、縄目線を切断した後、手作りの曲げ型にてUの字に絞り上げていきます。

 

簡単そうに見えるかも知れませんが、傷を付けずに金属を絞りあげるには、熟練の技が必要です。

 

 オーダーメイド・オリジナル・特注のヒネリ金具の製作 メタルハウス

 

ひねりの構造を作り出す他にパーツは、金属を削りながら成形していく、”挽きモノ”の技術にて、それぞれのパーツを作り出しながら、お客様ご希望のデザインに近づけていきます。

 

これから組み立て、溶接加工に移ります。

 

オーダーメイド・オリジナル・特注のヒネリ金具の製作 メタルハウス

 

まずは、ひねり金具の本体となる部分と、縄目模様の線との位置を正確に決めて、純銀と真鍮を混ぜ合わせた特殊な強度の強いロー付け(純銀を使用した、強度があり、綺麗に溶接できる方法)をしていきます。

 

職人さんの手は、風格と歴史を感じられて、格好いいと思うのは僕だけでしょうか?

 

オーダーメイド・オリジナル・特注のヒネリ金具の製作 メタルハウス

 

左手にプロパンガス、右手に商品の位置を微調整するためにステンレス製のピンセットを巧みに使い分けながら溶接を続けていきます。

 

真鍮と真鍮とをロー付けする為には、真鍮が溶ける寸前の800度前後、まで職人のカンを頼りに熱し、縄目線と本体とを絶妙なタイミングにて溶接していきます。

 

オーダーメイド・オリジナル・特注のヒネリ金具の製作 メタルハウス

 

ロー付けが無事に終了した後に、真鍮が自然に冷めてくるまでの間、商品と商品とが正確にロー付けされたかを1つずつ確認し、次の工程に商品を進めていきます。

 

この時点で検品の作業を入れることで、完成品をより良いクオリティーのレベルにてお客様にお届けすることが可能になります。

 

オーダーメイド・オリジナル・特注のヒネリ金具の製作 メタルハウス

 

溶接、位置決め、検品を無事にクリアした商品は、メタルハウスオリジナルの、面取り、艶出しの加工を1つずつ商品におこなっていきます。この工程を施すことで、金属特有のゴツゴツ感や、ゴリゴリとした感触や見た目を柔らかく、手触りの良い商品にすることができます。

 

全て真ちゅう素材の為、ナチュラルな雰囲気のブランドや、アンティーク調の商品には、このままでも十分使用できますね。 

 

これから、お客様ご希望の光沢ニッケルメッキを加工していきます。

 

オーダーメイド・オリジナル・特注のヒネリ金具の製作 メタルハウス

 

メッキ加工直後のひねり金具です。

 

宝石にも負けない輝きがあるのが、わかりますか?
これが、国産の、職人の技術です。

 

オーダーメイド・オリジナル・特注のヒネリ金具の製作 メタルハウス

 

メタルハウスではお客様のイメージを形にできるよう心がけています。

世界で一つだけのオリジナル金具は手軽に作成が可能です。

 

*お見積もりの場合には手書きのデザインでも、写真でも構いません。お客様が作成したいイメージに簡単なサイズを入れてお見せください。

オリジナル金具作成を熟知した、メタルハウスの担当者が追って詳しい内容をお聞きいたします。

 

*オリジナル金具作成にご興味の方はお気軽にご連絡ください。

 

メタルハウス / お客さまのイメージを金具に

– 電話 –
03-3616-6678
(受付時間:月~金 AM9:00~PM5:00 ※土日祝日は休業)


– お問い合わせ –
info@metalhouse.co.jp
お問い合わせページ


– More information –
Official website
ameblo
Facebook
Tumblr

2017年6月28日

オリジナルのブランドロゴデザイン入り、特注ホック、カシメ、ボタン、チャーム、ブローチ金具の製作

特注・オリジナル金具

オリジナルのブランドロゴデザイン入り、特注ホック、カシメ、ボタン、チャーム、ブローチ金具の製作

Original Studs, Button Fittings


福岡でブランドを立ち上げて活躍されているJaplish さまより、リピートのオリジナルロゴ入りのホックの注文を頂きました。

 

まずは、使い込み、慣れ親しんだ、数十トンのプレス機を使い、一つ一つホックの生地を丁寧に打ち抜いて、作り出していきます。

 

 


お客さまの商品展開、ブランドのイメージを考えながら、すでに製作された金型の有効利用の方法をお客さまにお伝えしながら、製作を続けていきます。

 

すでに製作した金型の裏面の平らな部分に、さまざまな用途にあったパーツをロー付け(純銀を使用した、強度のある溶接の技術)し、追加の金型の費用を掛けずに、さまざまな用途向けのオリジナル金具を製作していきます。


表面の”イカリ”のロゴは全て同じデザイン、形状ですが、オリジナル金具の裏面に取り付けるパーツを変化させることで、カシメ式、ジャンパーホック式、引き 手、ボタンなど、さまざまな用途にお客様のオリジナルの金具を使い分けることが可能になります。

 

もちろん必要な型は1型のみですので、使用用途により、複数の型を作り必要がなくなり、費用を抑えることも可能になります。

 

 

 

金具表面のロゴは左右両方とも同じものですが、裏面の溝の大きさが異なるのが分かると思います。↓ ↓

 

裏側にそれぞれ違ったパーツをロー付けすることで、先ほどご説明したように、大カシメ式にしたり、ジャンパーホック式にしたり、また、リングを付けてジッパー・引き手にすることも可能になります。

 

 

一つ一つの金具を手作業で、ロー付けしています。

 

真ちゅうが溶ける寸前の800c前後まで金具を熱し、絶妙なタイミングでロー付けしていきます。これが職人技なんです。

 

21世紀ににも関わらず、とてもアナログ的で、伝統的な作業です。

 

 

秘伝の面取り・艶出し加工をした直後の表情になります。

 

真ちゅう本来の素材の色になっていますね。これでも十分良い感じに仕上がっています。

 

これからお客さまご指定のアンティークゴールドメッキを付けていきます。

 

 

メッキ加工直後の雰囲気。

 

金具の溝の部分は黒いアンティーク調になり、金属を長年使い込んできたような、独特の風合いが感じられる仕上げです。

 

 

オリジナルホック、ボタン、カシメ、タグ、ネームプレート、、、。世界で一つだけのオンリーワン金具の作成事例、方法、手順、納期、型代、製作後の様々な型の利用方法についてはこちらをご覧下さい。

 

メタルハウスではお客様のイメージを形にできるよう心がけています。

世界で一つだけのオリジナル金具は手軽に作成が可能です。

 

*お見積もりの場合には手書きのデザインでも、写真でも構いません。お客様が作成したいイメージに簡単なサイズを入れてお見せください。

オリジナル金具作成を熟知した、メタルハウスの担当者が追って詳しい内容をお聞きいたします。

 

*オリジナル金具作成にご興味の方はお気軽にご連絡ください。

 

メタルハウス / お客さまのイメージを金具に

– 電話 –
03-3616-6678
(受付時間:月~金 AM9:00~PM5:00 ※土日祝日は休業)


– お問い合わせ –
info@metalhouse.co.jp
お問い合わせページ


– More information –
Official website
ameblo
Facebook
Tumblr

新着

カテゴリー一覧

検索